最近よく耳にするようになってきた民泊という言葉、元々は民家に宿泊という意味です。アメリカはサンフランシスコでブライアン・チェスキーとジョー・ゲビアという二人が自宅の居間を間貸ししたことが始まりです。今では札幌でもホストが滞在するタイプの民泊物件やホストが不在の無人チェックインタイプの民泊物件など様々で、airbnbというサイトを使って誰でも簡単に民泊を利用できるようになってきました。

エアベスト札幌 airbnb 札幌 札幌民泊 札幌観光

エアベスト札幌支店が運営代行する物件のほとんどが「ホスト不在型」のアパートメントタイプです。プライバシーが保てるのでとても快適で、ホテルと違って5~6名などの大人数で丸々貸し切れるためコスパがとても良いですよ♪

メリットもたくさんですが、ホテルと同じような感覚で来ると少し戸惑ってしまうことも・・・。事前に知っておけばこんなことにはならなかったということもありますのでここでは少し参考になるような民泊についてのあれこれをご案内できればと思います。

ホテルではない!airbnbとは一体何??
 -ホテルと予約方法が違うairbnb
 -ホテルに比べて個性のある物件に泊まれる
 -airbnbの方が大人数で泊まれる部屋が多いのでコスパが断然良い!
事前に知っておいた方がいいチェックイン方法やルール
 -ホスト不在型の場合に多い無人チェックイン
 -ホテルとは違うアパートメントタイプならではの仕様やハウスルール

ホテルではない!airbnbとは一体何??

ホテルと予約方法が違うairbnb

まずホテルに宿泊する際はみなさんはどのような方法で予約を取りますか?よく知られている方法はじゃらんや楽天トラベル、最近人気なのはブッキングドットコム、エクスペディアあたりのホテル予約サイトからオンラインで予約を取るとい方が多いのではないのでしょうか。ホテルが運営している公式サイトから予約、またはホテルに直接連絡して予約を取る方法もあるとの思います。

エアベスト札幌が運営代行しているほとんどの民泊物件は最大手の仲介サイトairbnb(エアービーアンドビー)を通して予約することが可能です。

airbnbに掲載されている民泊物件はairbnbのアプリもしくはウェブサイトからオンライン予約をする方法のみとなります。支払いはクレジットカードが主流です。

airbnbを利用するには原則ご自身のアカウントを作成する必要があります。必要な情報を登録して予約ページにて予約を進める流れです。airbnb各物件はホストと呼ばれるその物件を運営している人がいてホストにももちろんアカウントがあります。そしてairbnb物件の予約はほぼ絶対と言ってairbnbのアプリ、サイトからが原則、ホストとの連絡等のやり取りもairbnb上で行うのが原則となります。

ここまで聞いてみるとアカウントを作成したり色々と面倒くさいなあと思った人もいるのではないでしょうか。しかし、登録などの手続きは最初のみ、慣れてしまうと2度目の利用からはとても便利と思うことが多いと思います。

ホテルに比べて個性のある物件に泊まれる

ホテルに宿泊すると大抵の場合はベッド、テレビ、ミニバーなどはありますが他はあまり部屋にない場合が多いです。でもairbnbの物件は長期滞在にも便利な家具家電完備、洗濯機や調理器具付きのキッチンがあったりインテリアなども単調な部屋が多いビジネスホテルなどに比べると個性のあるものが多い物件に泊まることができます。その点はairbnbのキャッチコピーの”暮らすように旅する”のような特別な体験が出来るお部屋がairbnbだと見つけられやすいでしょう!

airbnbの方が大人数で泊まれる部屋が多いのでコスパが断然良い!

大人数で旅行をする際はホテルよりもairbnbの物件の方が断然コスパは良いです。まるまる貸切でも大人数でアパートメント1軒を貸切できますので個別でホテルを取るよりはずっとお得です!

早速airbnbでアカウントを作ってみたいですか?airbnbのサイトをみてみましょう!

https://www.airbnb.jp/

事前に知っておいてた方がいいチェックイン方法やルール!

ホスト不在型の場合に多い無人チェックイン
ここではエアベスト札幌支店が運営代行しているairbnb物件のほとんどがホスト不在型、無人チェックインという流れになるためそのような物件にチェックインする時は一体どういう準備や確認が必要かを少しイメージしていただけると良いなあと思い書いていきます。

ホテルのようにフロントもなく直接アパートの部屋に向かわなくてはいけないairbnb物件ですが、トラブルがあったらどうしよう!!と思ってしまう方もいらっしゃいますよね。大体のチェックイン時間が15時以降、そのあとはどんなに遅くなってもご自身でチェックインしていただくシステムなので慣れてしまえば案外気楽なのが無人チェックインの良いところです。

まずはairbnbで予約が確定すると、ホストからの連絡がairbnbアプリ/ウェブサイト上のメッセージシステムで無人チェックイン方法の詳細な案内を送ってくる場合がほとんどです。そこには、住所、グーグルマップでの地図案内や建物の外観がみれるストリートビューのリンク、交通アクセスや車で来られる方へ向けたGPSに入力するマップコードなど親切に記載されています。そして重要なのが鍵の受け渡し方法、または入り口のドアに電子錠などがついている物件についてはパスコードが記載されています。
エアベスト札幌支店が運営代行している物件の約9割はパスコードを入力する電子錠がついています。必ずメッセージで送られてきている内容を事前にチェックしましょう!

ホテルとは違うアパートメントタイプならではの仕様やハウスルール
ホテルのように連泊をしたからといってタオルやリネンが毎日交換されたり、掃除も滞在中は実施されずチェックイン前の一度の清掃が通常であることが多いです。アメニティなども歯ブラシなどは置いてないので注意が必要です。airbnbの物件ページ(リスティングページ)に細かい物件の仕様が記載されていますので確認するのが良いですね。リスティングページには大体40枚以上のお部屋の写真が掲載されていますので少し時間がかかりますがじっくり見ることでお部屋に何があるかを確認できます。洗濯機があって、洗剤や物干しが置いてある、キッチンのどこに食器類がある、などわかりやすくプロのカメラマンが撮影していますので見てみて下さいね!

もう一つ確認すると良いのはチェックインしたあとにお部屋に置いてあるハウスガイドです。ファイルの中に色々な説明が入っているので、ストーブの使い方、エアコン、ある部屋にはワイファイのパスワードなどもそこに記載がされています。住宅街の中にあり、集合住宅の一室である物件であるため近隣トラブルが起こらないように配慮も必要です。禁煙、騒音をたてないなど基本的なことやゴミのトラブルにならないよう滞在中、基本はゲスト自身でゴミ捨ては行わないなどのルールを設けていることが多いので要注意です。

せっかくホテルとは違う体験ができるのでトラブルのないように気持ちよくご利用するためにもハウスルールは守りましょう!

🏡ホームへ