【トラブル対応】ゲストさんからのLINEやメッセージ

エアベスト札幌 簡易宿所 簡易宿泊所 airbnb 札幌 札幌民泊 北海道旅行 民泊 民泊運営 民泊トラブル ゲストからの電話

今日はどちらかというとゲストさん側のトラブルを思い出して書いてみようと思います。

たまに面白いゲストさんがいらっしゃって、色々プライベートなことをチャットやLINEで書いてきたりとかありますね。微笑ましいですがちょっとどう反応していいか困るものもありました。

困ったもの①

Airbnbのメッセージにご本人確認の写真を送ってもらいますが、ある男性ゲストさんは

間違えて

パンイチのセクシーショット

を送ってきたことがありました。

「Oh No」みたいなメッセが送られてきたので本人も間違えたことに気が付いたのでしょうね。こちらは精一杯の思いやりでスルーしてあげました。せめてものパンツが履かれていて本当に良かった。

しかしどういう理由で自分のパンイチ写真を撮ったのでしょうか。

困ったもの②

最初の挨拶で事細かにプライベートな内容を書いてくれるゲストさんがいます。微笑ましいと言えば微笑ましいですが、

「付き合って3年になる彼氏と自分たちのご褒美の旅行で利用させていただきます。」

とか言われるとソロ充の寂しい私にはなんて答えて良いかわからず、こちらも精一杯の思いやりでスルーさせていただきました。

困ったもの③

今こそはLINEなどのSNSでのやりとりはせず、airbnb上でしかメッセのやりとりはしないのですが始まって間も無くの頃はゲストが希望するときはLINEでメッセージをしたりもしていました。その方が滞在してだいぶ経ってから英語で

「お久しぶり!最近どう?仕事調子いい?」

なんてずいぶんフレンドリーで馴れ馴れしい感じでLINEをくれました。

なので、

「おそらくあなたは誰かと私を間違っています。私はairbnbのアシスタントです。」

と答えると、可愛くoops! sorry…と返ってきました。

これも精一杯の私の思いやりで既読スルーしました。

思い出せば他にもLINEのやり取りなどはいっぱいあるのですが、一番覚えてるのがこの3件くらいですかね。

コロナが開けてまたゲストさんがボチボチ戻ってきたら思い出してクスクスニヤニヤできるほっこりエピソードも増えると思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA